ワードの文字サイズを変更したらルビがずれた!を解決する方法

生活お役立ち
スポンサーリンク

こんにちは。ナベトモ(@nabetomo13)です。

以前Wordに一括でルビ(振り仮名)を振る方法というのをご紹介しました。

しかし、中には、、、

Wordの文字サイズを変更したらルビの位置がおかしくなってしまった


という方もいるかと思います。

そこで、今回はルビの位置を一括で調整する方法についてお伝えしていきたいと思います。


例えば、


という文章の文字サイズを12ptから20ptに換えてみると


と、ルビが文字とかぶってしまいますね。

そんな文章を


といったようにルビの位置を一括で変えてしまいたいのですよね。任せてください。

スポンサーリンク

ルビの位置を一括で調整する方法の手順

では実際に文字サイズを変更した際にずれたルビの位置を一括で整える手順を画像つきで紹介していきます。

まず、ルビのずれたWordを開きます。



alt+F9を押してフィールドコードという画面を表示します。
すると「up~」という数字がいくつかみられると思います。
それがルビの位置を示しています。



その状態でctrl+Hを押して「検索と置換」ボックスを開きます。
検索する文字列に先ほどの「up~」の数字を入力します。
置換後の文字列に少し大きな数字を入力します。



すべて置換」を押して「OK」→「閉じる」で「検索と置換」ボックスを閉じます。

最後にもう一度alt+F9でフィールドコードをもとのWord文書に戻します。
すると出来上がっていますね。



ルビの位置が高すぎてしまったり、低すぎる場合は「検索と置換」ボックスの「置換後の文字列」の「up~」の数字を満足いくまで調整していってください。


Wordのルビの位置を調整する方法まとめ

簡単にWordのルビの位置を一括で変更する手順についてまとめると

【Wordのルビのずれを治す方法まとめ】

1.ルビのずれたWordを開く

2.alt+F9でフィールドコードを表示する

3.ctrl+Hで検索と置換ボックスを開く

4.検索する文字列に「up~」とルビの位置の数字を入力する

5.置換後の文字列に少し大きめの数字を入力し「すべて置換」する

6.alt+F9でフィールドコード画面を元に戻す


となります。

参考になりましたら幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました